介護関連会社の経営・営業支援、
理学療法士に特化した人財採用定着支援の介護コネクティブ

株式会社介護コネクティブ

代表寺本インタビュー

interview

「自立支援型介護モデル」の教科書を創る!

介護コネクティブ第 4期目のビジョンと今後に思い描く世界

 

こんにちは。株式会社介護コネクティブ編集部です。
この度、介護コネクティブは会員の皆様に支えられ設立から4期目を迎えました。
今期、介護コネクティブは会員の皆様と共にどこを目指し、何を創っていくのか。
寺本代表に4期目の戦略についてインタビューを行いました。

寺本代表の介護コネクティブ起業ストーリー

 

寺本代表は、2005年に理学療法士免許を取得後、医療現場で勤務。2015年から介護分野のリハビリテーションに携わるようになり、在宅医療介護のインフラが整っていないことに衝撃をうけます。

介護は、足りていない場所、特に僻地や田舎にこそ人財が必要であると考え「株式会社 介護コネクティブ」を設立。
介護領域で素敵な取り組みをする全国の企業や事業所を繋ぎ広げていくことで、人財や資源が全国に行き届き街が良くなると考え活動してきました。

経営理念は、「介護業界の未来と笑顔を共に創る」
ビジョンは、「世界で一番、介護業界を応援する会社となる」
ミッションは、「介護の現場で働く人達がもっと笑顔で働くことができる業界を共に創り、介護業界から日本、そして世界をもっと元気にする」ことを掲げています。

第3期までの振り返り

―― 第3期までの歩みとして、実際にどのようなことに取り組まれてきたのか教えて下さい。

第1期と第2期は、代表寺本が中心となり全国の介護領域の企業・事業所の経営支援を行ってきました。第3期からは、私の地元である愛知を盛り上げるために、新たに「まちづくり事業部」を設立。2021年11月愛知県西尾市に自立支援特化型のデイサービスIKIGAIをオープンしました。

メンバーは総勢14名となり、チームとして介護業界の未来を創るために歩みはじめています。まちづくり事業部では、全国の応援会員企業様の新たな事業開拓の際の実験場、また、全国の素敵な取り組みを愛知でも実践することで、地域住民のより良い暮らしに寄与していきたいと考えています。
 
介護コネクティブは、一言でいうと「コミュニティを創る会社」です。 現在、3つのコミュニティが動いています。1つ目は「理学療法士と学生コミュニティ」総勢270名、2つ目は「介護福祉関連の応援会員企業様コミュニティ」全40社、3つ目は「ヘルスケア関連の応援会員企業様コミュニティ」全5社です。理学療法士と介護福祉関連企業様、ヘルスケア企業様の3つのコミュニティが双方向性に関わりながら、自立支援というキーワードを軸に全国で様々な取り組みを行っています。
 
これまでもこのコミュニティから、介護福祉企業×介護福祉企業のコラボレーションで、街に足りていない重度心身障害児の子どもたちが通うことができる放課後等デーサービスが立ち上がったり、介護福祉企業×ヘルスケア企業のコラボレーションで、デイサービスや高齢者住宅の現場でのプロテインの活用が始まったり、そこに理学療法士が加わり、評価をし、自立支援のエビデンスを取り始めたりしている現在進行形の事例も多数ございます。


――「自立支援というキーワードを軸に」ということですが、寺本代表がこのような取り組みに力をいれた背景を教えて下さい。

私たちが関わっている介護業界。その「介護」の目的を、みなさんはご存知でしょうか。介護の目的は「自立支援」です。これは、国の方針でも明確に示されています。

国民の自立を支援するにあたり、理学療法士が関わる余地は存分にあります。一方で、多くの理学療法士は病院で働いているのが現状です。毎年約1万人ずつ増えており、約20万人の理学療法士有資格者が、少しでも介護業界に関わることが望まれます。

近年では、企業の公的保険外サービスの拡大もすすんできています。我々理学療法士は、介護福祉関連企業のさらなるブランディングや、お客様やケアマネージャー、地域の信頼力アップに寄与できると考えます。

理学療法士の存在価値を社会に伝えること、そして、理学療法士を求める企業側と病院の外で活躍したい理学療法士をマッチングさせるようなハブが必要です。さらにそこでは、双方向性に情報交換ができるような仕組みも必要となります。その役割を担うのが、我々介護コネクティブです。

 

第4期のビジョンと今後に思い描く世界観

―― 第4期のビジョンと、今後に思い描く世界について教えて下さい。

第4期では、応援会員企業様の拡充に注力します。自立支援のまちづくりは、特定の地域にこだわるのではなく、日本全国で同時多発的につくっていくことも必要です。そのため、介護コネクティブのコミュニティのさらなる拡充は必須です。

コミュニティ拡充に関する具体的な活動としては、以下の4つを考えています。

① 応援会員企業様限定:毎月の定例勉強会と交流会
② 経営者・理学療法士視察会
スタッフがイキイキと働く介護福祉企業の現場へ行き、良い学び・良いご縁の場の提供
③ 会員理学療法士限定:毎月定例勉強会・飲み会(介コネ居酒屋)
会員になるための説明会は毎月設けています。弊社の理念に共感していただける仲間が増えていくことを願っております。
④ 会員理学療法士・学生限定:応援会員企業様コラボプロジェクト
応援会員企業様とコラボレーションし、展示会への出展やセミナー・イベントの開催、ヘルスケア商品の開発・監修、研究などをおこないます。現在もいくつかのプロジェクトが進んでいます。


以上のような活動を通して、双方向性に機能するコミュニティを運営し、熱量を生み続けます。

自立支援の取り組みが日本中に広がっていくという未来の実現のため、我々介護コネクティブは、今後2024年までに応援会員企業様を100社まで増やすことを目標に掲げます。また、理学療法士の活躍できる場所の拡大にもすすんでチャレンジしていきたいと考えています。


“介護業界・理学療法士が子どもたちの夢 No1に!”

第4期も、介護コネクティブは会員の皆様とともに、介護業界を盛り上げるべく全力で走り抜きます。

日本から世界へ。介護業界の未来を共に創りましょう!

介護コネクティブのSNS

介護コネクティブは、Instagram、LINE、Facebook、You Tube、Twitterでも随時、情報発信をおこなっています。興味を持ってくださった方は、ぜひ合わせて御覧ください。



◆株式会社介護コネクティブ HP
http://www.kaigo-connective.com

◆株式会社介護コネクティブ YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCHBVu_l6j4RJPmWvkxqYB2A

◆デイサービスIKIGAI Instagram
https://www.instagram.com/day.service.ikigai/

◆寺本圭佑 Instagram
https://www.instagram.com/kcc_teramoto/

◆寺本圭佑 Facebook
https://www.facebook.com/keisuke.teramoto.9

◆寺本圭佑 twitter
https://www.youtube.com/channel/UCHBVu_l6j4RJPmWvkxqYB2A?s=21

Contact

ご相談・お問い合わせは、お気軽にご連絡ください。

052-856-9658
受付時間:9:00~18:00
愛知県名古屋市中村区名駅4-24-16
広小路ガーデンアベニュー4階(受付)

お問い合わせ